映画「首相官邸前の前で」&小熊英二氏トーク
2016年5月20日(水) 18:30より開催します。


■会場 武蔵野スイングホール
 東京都武蔵野市境2-14-1
■前売り1000円 当日1200円 (高校生以下無料) ※修正しました
■主催:むさしの憲法市民フォーラム

★チラシはこちら

2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。
 しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。
 人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原発」と「民主主義の危機」だった――。
 人々の力が日本を変えた、希望の瞬間を記録した映像を見ながら、監督である社会学者小熊英二氏と「民主主義の再建」について考えていく。



 

辺野古アクションむさしの の活動はこちら


沖縄に辺野古新基地は必要か −中国脅威論の中で、米海兵隊の役割を考える−
佐藤学 沖縄国際大学教授の講演動画を掲載しました。

                       (2016/5/17 update)

 



(C)2005,2006 Musashino Citizen's Forum on The Constitution