<2016年3月12日に開催しました>
沖縄に辺野古新基地は必要か
 −中国脅威論の中で、米海兵隊の役割を考える−


「日本全土の0.6%の面積しかないのに、在日米軍の専用施設の74%が集中する沖縄。
そこにまた新たな基地を作るのはおかしいということは分かる。でも、乱暴な中国や危険な北朝鮮の動きを見るにつけ、はたして本当に基地を縮小しても大丈夫なのか?とも思う」…そんな疑問をお持ちのあなたに、武蔵野市出身で現地沖縄で日米関係を専門に研究してこられた佐藤学沖縄国際大学教授が、目からウロコのお話しをします。


 ●講師:佐藤 学 氏(沖縄国際大学教授)
 1958年武蔵野市生まれ。
 早稲田大学卒、ピッツバーグ大学大学院博士課程修了。
 専攻は地方自治・アメリカ政治。著書に「沖縄が問う日本の安全保障」(共著、岩波書店)など。

 ●日時 2016年3月12日(土) 18:30〜21時(開場18:15)

 ●会場 武蔵野公開堂第一、第二会議室
 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6-22
 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/koukaido/access.html

 ●資料代 500円 (高校生以下無料)

 ●主催:辺野古アクションむさしの


   チラシはこちら



 佐藤教授の講演動画はこちら  
 
■講演(約1時間16分)

■会場からの質問への応答(約32分)




   <2015年9月27日に開催しました>

辺野古に新基地はいらない
   ―日本の民主主義のために武蔵野は沖縄と連帯します―

 
 会場に入りきれないほど多くの人に来ていただきました。
 感謝申し上げます。




当日参加された稲嶺進名護市長の講演はこちらからご覧ください。





チラシはこちらから(PDF)

 


▼武蔵野市議会へ、辺野古基地建設を強行しないことを求める
地方自治の尊重を政府に求める意見書の提出に関する陳情
 を提出し、2015年9月16日の本会議で賛成多数により採択されました。

  陳情文はこちら。     武蔵野市議会の意見書はこちら

▼上記意見書の撤回を求める請願『「地方自治の尊重を政府に求める意見書」の撤回要請に関する請願』が提出されましたが
、武蔵野市議会は否決しました・

 請願文は、こちら






むさしの憲法市民フォーラム TOPページはこちらから

                                               (update 2016/02/


      辺野古アクションむさしの