私たちは、東京の武蔵野市を舞台に、憲法に関する取り組みを行っている「むさしの憲法市民フォーラム」というグループです。
憲法改悪にストップを掛ける運動を軸に、その周りで憲法をめぐる自由で多様な活動を企画し、メッセージを発信しつつ、 他団体とも交流し、活動を広め、強めていきたいと考えています。

今、改憲勢力がめざしているのは、憲法9条の改悪であり、日本を戦争のできる国にするということです。
それは、別の言葉で言えば、日本で暮らす人々の多様な意見や自由を統制し、国益の名の下に人々の権利を大きく 制限する国にするということです。
仮に、防衛政策について意見の違いがあったとしても、大多数の人々は決してこんな息苦しい社会を望まないでしょう。
今回の改憲を封じ込めることができるかどうかは、改憲勢力の狙いがそこにあることを多くの人々の共通の理解に出来るかどうかに かかっています。

そのためにも、私たちの運動は、自由で溌剌とした精神の交流を求めるものでありたいと思います。
運動に関わる人々の中で、個々の問題では意見が違い、活発な議論をすることがあっても、その根底において お互いを尊敬し合える運動であってこそ、多くの人々の共感を得、未来を切り拓く力となるのでしょう。
他方、現在の改憲をめぐる情勢は極めて緊迫しており、私たちの運動が、憲法学習や討論の段階に止まっていては、 改憲勢力の動きを正確に多くの人々に知らせ、実効性のある活動を進めることができません。

私たちは、自由で溌剌とした精神の交流をこそ最大限に大切にすると同時に、機敏に、かつ、実践的に活動し、 武蔵野から改憲阻止をめざしていきたいと思います。

そもそも武蔵野では、1997年以来、市民実行委員会方式による憲法記念行事としての 「武蔵野市民憲法フォーラム」が行われてきました。
これは、憲法について取り組む複数の市民団体が中心になって、毎年5月に、 学習会やシンポジウム、展示会などを行ってきたもので、 2005年現在までに合計9回を数えています。

2005年5月に行われた「第9回 武蔵野憲法市民フォーラム」では、 高橋哲哉氏(東京大学大学院教授・哲学者)を講師にお招きし、「今、なぜ憲法改正? 〜自由・平等・平和が危ない〜」と題するシンポジウムを行ったところ、 500名近い方のご参加を頂きました。
これは、社会的状況が憲法改悪へと急激に加速する中で、良識ある市民の間に 強い危機感が生まれていることの証であり、また市民が憲法問題に取り組んでいく上での受け皿として、 私たちがはたすべき役割と責任の大きさをあらためて実感するものとなりました。

このような状況を受けて、より継続的で恒常的な運動を行っていくべきではないか、との声が高まり、 2005年7月、恒常的な組織としての「むさしの憲法市民フォーラム」を立ち上げることとなりました。

「むさしの憲法市民フォーラム」は、その発足に当たって、以下のような基本方針を確認しました。

■会の目的

現在急ピッチに進められている憲法9条の改悪を中心的な内容とする憲法改定(以下今回の改憲と言う)に反対し、 武蔵野市で今回の改憲に反対する人を過半数にすることをめざします。

■会の名称

「むさしの憲法市民フォーラム」とします。

■会の組織

思想・信条・政治的意見の違いを超え、今回の改憲に反対する個人により構成しますが、 会員制をとらず、その時々の参加者で運動します。
事務局長1名、事務局員若干名をおき、連絡を希望する人 (フォーラム実行委員会に名を連ねた人、フォーラム後活動参加を表明している人、その他)にその都度連絡をし、 その時々の参加者のおおよその合意で行動します。

■会の活動

会は、参加する人の多様で自由な活動を前提として、今回の改憲阻止に向けた具体的な行動を軸にすえますが、 その成功のためにも、ニュース等を通じて各人の活動を交流し合い、 さらに会の中で相互に呼びかけ合って行う自由な活動も進めます。

上記の基本方針にもあるように、「むさしの憲法市民フォーラム」では会員制をとっていません。
憲法の問題に関心を持ち、かかわって行こうとする多様な市民の、自由な参加によって成り立っています。
このホームページを通じて、学習会やイベントなど、随時私達の取り組みをご案内していきたいと思いますので、 興味を持っていただけた方は、ぜひ一度足をお運びいただければと思います。
基本的には武蔵野市内での活動が主になりますが、それ以外の地域の方のご参加も大歓迎です。


また、「むさしの憲法市民フォーラム」では情報&メッセージを載せた通信を 毎月1回のペースで発行しています。
郵送を希望される方は、下記口座まで年間通信費1000円をご送金いただければ、 ニュースとさまざまな活動予定をお送りさせていただきます。

郵便口座 00120-8-723768 伊藤徳子
連絡先 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-19-24(西村方)
           むさしの憲法市民フォーラム
メール  info●kenpou-forum.jp  (●を@に変更してください)





(C)2005,2006 Musashino Citizen's Forum on The Constitution