2005年の7月の発足以来の「むさしの市民憲法フォーラム」活動ダイジェスト





2016年5月20日に開催しました


 ▼映画「首相官邸前の前で」&小熊英二氏トーク

 ■会場 武蔵野スイングホール (東京都武蔵野市境2-14-1)
 ■前売り1000円 当日1200円 (高校生以下無料) 
 ■主催:むさしの憲法市民フォーラム

 ★チラシはこちら

 2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。
 しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。
 人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。
 事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、
 やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原発」と「民主主義の危機」だった――。
 人々の力が日本を変えた、希望の瞬間を記録した映像を見ながら、
 監督である社会学者小熊英二氏と「民主主義の再建」について考えていく。



2016年3月12日に開催しました
 

 
 (主催:辺野古アクションむさしの)

 ▼沖縄に辺野古新基地は必要か

 −中国脅威論の中で、米海兵隊の役割を考える−


 「日本全土の0.6%の面積しかないのに、在日米軍の専用施設の74%が集中する沖縄。
 そこにまた新たな基地を作るのはおかしいということは分かる。 
 でも、乱暴な中国や危険な北朝鮮の動きを見るにつけ、はたして本当に基地を縮小しても大丈夫なのか?とも思う」…
 そんな疑問をお持ちのあなたに、
 武蔵野市出身で現地沖縄で日米関係を専門に研究してこられた
 佐藤学沖縄国際大学教授が、目からウロコのお話しをします。


 ●講師:佐藤 学 氏(沖縄国際大学教授)
 
1958年武蔵野市生まれ。
 早稲田大学卒、ピッツバーグ大学大学院博士課程修了。
 専攻は地方自治・アメリカ政治。著書に「沖縄が問う日本の安全保障」(共著、岩波書店)など。

 ●日時 2016年3月12日(土) 18:30〜21時(開場18:15)
 ●会場 武蔵野公開堂第一、第二会議室
 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6-22
 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/koukaido/access.html
 ●資料代 500円 (高校生以下無料)







 2015年9月27日に開催しました


 
▼辺野古に新基地はいらない

   ―日本の民主主義のために武蔵野は沖縄と連帯します―


   (主催:辺野古アクションむさしの)
 


    




 2007年5月20日に開催しました



    憲法改正手続き法=国民投票法 についての緊急集会

    「国民投票法案」の本当の中身とは、一体どのようなものなのでしょうか?
    この法案の先には一体何が待ちうけているのでしょうか?
    わたしたちの未来が大きな岐路に立とうとしている今、黙って見過ごしてしまって、本当にいいのでしょうか?

    映画と講演から「今」を考える150分。ぜひご参加ください。



    映画 「戦争をしない国 日本」(短縮版)

            企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊  監督・脚本:片桐直樹




   日本国憲法とその平和主義をめぐる規定はなぜ、どのように誕生したのか?
   それは、日本社会と国際社会にどのような役割を果たしてきたのか?
   日本国民と各階層はそれをどのように受け止めてきたのか?
   憲法公布から60年を迎えた今、歴史的な映像をたどりながら、検証していきます。



      講演  伊藤真 氏

            (伊藤塾塾長、法学館憲法研究所所長)



   1981年東京大学法学部在学中に司法試験に合格。
   以後、司法試験受験指導を開始する。
   1995年には、「伊藤真の司法試験塾」(後に「伊藤塾」に改名)を開塾。
   弁護士業務を休業して、受験指導に専念する傍ら、
   日本国憲法の存在価値を説く講演会・全国行脚等をおこなっている。
   そのわかりやすく面白い講義から、「カリスマ講師」と呼ばれている。


    日時    2007年5月20日(日)   19時〜
     於     武蔵野公会堂 第一・第二会議室
       参加費     500円 (高校生以下は無料)





 2007年4月に実施しました。


  武蔵野市議会議員候補者への「憲法と平和のアンケート」








 2007年4月に開催しました。


  私たちは、「憲法改正手続き法=国民投票法」の成立を許さない  

                       
 〜2007年4月 むさしの憲法市民フォーラムアピール〜

  
国会で「国民投票法」の審議が大詰めを迎えているなか、緊急アピールを行いました。


                                                                 




2006年3月17日に開催しました 



      



    憲法改正が現実となってきました。改憲派の本当のねらいは何か。
    自民党案の課題などを 考えます。
    また、各政党より国会の様子や憲法への考えを聞きます。

                                                    










(C)2005,2006 Musashino Citizen's Forum on The Constitution